バラエティ番組を中心に活躍!東京・大阪のテレビ制作会社

フジテレビ「アウト×デラックス」担当 大山琢也

アシスタントディレクター 大山琢也  2014年入社
担当番組
■フジテレビ
「アウト×デラックス」

過去担当番組
■フジテレビ
「ペケ×ポン」
「ものまね王座決定戦」
「かたらふ~ぼくたちのスタア~」
エスエスシステムに入社して4年目になりました。
この会社に入る前は、営業マンとして働いてましたが、もっと楽しいことがしたいと思い、思い切って転職を決めました。
ただ、この業界を選んだ理由は正直、「なんとなく」でした。もちろんテレビは昔から好きだし、面白いことを考えるのも好きだしたが、最初の就職のタイミングでは、まだそこまで自分事として考えていませんでした。社会人になってから
友人と「テレビの業界楽しそうじゃない?」と話をしていて、「確かに大変そうなイメージだけど、楽しそうかも」と思うようになり、転職の不安も少しありましたが、面接を受けることにしました。

縁あって採用して頂き、いくつかの番組を経験しながら、気がつけば3年が経ちました。
「なんとなく」でこの業界に入ったのは確かですが、これまでやめようと思ったことは一度もありません。
きっと、この業界は大変だというイメージを持っている人がほどんどだと思います。
実際、想像以上にきついこともありました。
でも、それを大きく越して、思っている以上に楽しいです!

出演者と仲良くなったり、自分の考えたことが採用されて放送されたり、エンドロールに名前が載ったり。
だから僕もずっと続けて来られたんだと思います。

ゆくゆくディレクターになり、番組の演出をするのが僕の目標ですが、ディレクター、プロデューサーなど選べる道も一つではないので、この業界を目指す皆さんもきっと自分がやりたいことを見つけられるはずです。

自分に出来るかな…と思ってる人に、3年だけ先輩の僕から言えるのは、「明るく!元気に!」まずはこれだけ意識してもらえればなんとかなると思います!
出演者の方含め、本当に沢山の人と関わる仕事なので、ベタだけど、とにかく明るく元気でいることが大切だと思います。
あとは、少しでもいい番組になるよう、粘り強く、最後まで諦めない姿勢でいてもらえたらなと思います。

体力的にも精神的にもきついと思うことがあるかと思いますが、そんな中でも楽しいことが必ずあるので、それを見つけて、自分が楽しんで番組を作ることが、楽しい番組を作るコツだと僕は思います。

最後に、エスエスシステムは本当に社員一人ひとりの事をしっかり考えてくれます。
困ったり、辛かったりしたらいくらでも相談に乗ってくれるし、本当に良い方ばかりです。また、みんなでBQQなどイベントも多くて、全員が仲のいいアットホームな会社だと思います。
みんなで最高の番組を目指しましょう!

 

PAGETOP
Copyright © 株式会社エスエスシステム All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.